フォトアルバム

最近のトラックバック

« 関東周辺をぐるり散策・しながわ水族館 | メイン | 富士山麓をぐるり散策・河口湖周辺 »

2016年9月 3日 (土)

富士山麓をぐるり散策・明見湖(あすみこ)公園

_0345

八月中旬、富士吉田市にある蓮の池で有名な明見湖(あすみこ)へと出かけた。湖面面積1万3640平方メートルの湖に約2万株のハスが自生し、湖面から伸びた茎の先に直径20センチ以上の大きなピンク色の花が綺麗に咲き誇っていた。

懐かしい里山に囲まれた明見湖は、縄文時代に富士山の溶岩が辺りの川をせき止めて作られた「せき止め湖」とも考えられた。富士山の麓の代表的な明見湖だが、江戸時代には、富士山信仰とかかわりが深い「富士八湖」(富士五湖・四尾連湖・明見湖・駿河の浮島沼、)のひとつとして、富士山信仰の富士山道の垢離場(こりば)だった。神仏に祈願するため冷水をあびて体のけがれをとり、清浄にする修業場であった。このように富士山に縁の深い明見湖を、浮世絵師の葛飾北斎は、「富士百景」の一場面に親しみのあるこのあたりの村をよく描いていた。

清流と沼の多種多様な生き物が同居し、多くの水鳥が羽を休めるなど、古くから住民に親しまれてきた湖だが、近年、ブラックバスやブルーギルといった外来魚が繁殖し、ホトケドジョウやメダカ、ホタルなどを食べるとして問題視されていた。そこで、市は2010年8月、湖の水を抜いて一斉清掃を初めて実施。外来魚の駆除や湖底にたまったヘドロ、ごみの除去をした。おかげで今は、美しい池の姿を回復しつつある。今後、本来の生態系に戻して行くよう、他の生態系からの生物の持ち込みは禁止、釣った魚は池に戻すなど、蓮池を愛でる人々に呼びかけている

2007年に完成した明見湖公園の総面積約3.4ヘクタール(湖を含む)。「里山」「体験学習」「親水」「ビオトープ」「ひろば」「サンクチュアリ」の6エリアがあり、湖の周囲に歩道も設けられ、ウオーキング、農作業体験、釣りなど自然との触れ合い、憩いの場として素敵な池に生まれ変わっている。

 私たちが明見湖に着いたのは朝9時30分ごろだったが、蓮の花は綺麗に咲いていた。朝、小屋から一目散に飛んできてよかった。湖面いっぱいにピンクの花が咲き誇る風景を眺めブラボーと、思わず叫んだ。
体験教室の前で売られてる「こんにゃく」を手に地元の人と談笑。こんにゃく料理を教わったり、蓮の花を前に思い出写真を一枚。はい、92歳のご婦人の笑顔が一段と輝くひとときに、全員が二ッコリ。そう〜至福時を味わった。

蓮の花を愛でながら、釣り人との楽しいご挨拶、アメリカザ二ガニを捕まえる子どもたちを応援しながらの散策は、ちょうどいい運動にもなり嬉しかった。

       蓮の花
     淡いピンクの上品な色合い
       池にさす光と溶け合い神秘的
      どの花にも似ない素晴らしい雰囲気
      ああ、蓮ってなんと明るく愛される花なんだろう

     可憐なつぼみが微かに開くとき
      蓮は微笑みながら
    朝つゆの重みに耐えかねる私に
   まだまだできることがあるよと
   いつかしか忘れていた明るい時と
   純粋さへのメッセージを投げかける

   小さな池が大きな湖に見えたなら、
   さあ、あの小舟で漕ぎ出そう
   幽玄の広がりへかき分けていこう
   ああ、蓮ってなんと優雅で愛されるな花なんだろう

160813__106_s

160813__130_s

160813__001_s

160813__022_s

160813__013_s

160813__010_s

160813__105_s

こんにゃく1袋150円

160813__119_s

160813__197_s

160813__196_s

160813__192_s

160813__176_s

浮世絵師の葛飾北斎「富士百景」の碑

160813__131_s

160813__124_s

160813__132_s

160813__166_s_2

160813__128_s

160813__163_s

160813__162_s

160813__166_s

160813__164_s

160813__140_s

160813__170_s

160813__171_s

160813__154_s

160813__143_s

160813__151_s

160813__155_s

160813__133_s

160813__134_s

160813__175_s

160813__173_s

160813__052_s

160813__104_s

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351957/33925167

富士山麓をぐるり散策・明見湖(あすみこ)公園を参照しているブログ:

コメント

こんにちは!
詩にもあるとおり、なんと綺麗な蓮なんでしょう・・
北海道でよく見る水面に浮かぶようではなく、茎が長く群生してびっくりしています。
イラストの少女がかわいいですね!今にも画面から飛んで出てきそうです!
この素敵な風景に葛飾北斎も惚れこんだんですね~
全員が二ッコリの一枚に癒されています。
明見湖は初めて見ました!ありがとうございました。
次回も楽しみ待っています!

ゼンタロウさま

こんにちは!
はい、出かける前の予想よりきれいな蓮池でした。
北海道の蓮は水面に浮かぶのですね。ここのは茎の先につぼみがつき、花を咲かせます。
このあたりの地はのどかで空気も澄んでいましたので、都会の近くにある池とは思えませんでした。周りの山村で隔離されていたのでしょうね。地元の人たちもとても親切。優しい会話の風が吹いていましたよ~。

8月中旬になっても蓮の花やアジサイの花がとても綺麗ですね~note さすが、千メートルの標高の地に在る明見湖公園ならばこそと思います。
釣り人やアメリカザ二ガニを捕まえる子どもたちを応援しながらの散策がお写真から手に取るように分かりこちらまでとても癒され嬉しかったですhappy01

明日見湖という名前を初めて知りました。葛飾北斎も絵に描いたことがあるのですか。「富士百景」の一つとすると、富士山の眺めもよいところでしょうか。今は湖面に一面の蓮の葉が茂り、大きな蓮の花を咲かせているんですね。地図に載っているか探してみたいです。ご紹介ありがとうございます。

osamuさま

御無沙汰を致しておりました。
早速ご覧くださってありがとうございます。
はい、紫陽花も蓮も梅雨時の花かと思いますが高地なれば夏日にもほころぶのですね。雨日の多い日々でしたので本当にすかっとした爽快感に満たされました。
「鶴瓶の家族に乾杯」さながらのインタビューをしながら出会う人と交流をさせていただきました(@。@)

ヒロシさま

御無沙汰を致しておりました。
早速にご覧くださってありがとうございます。
明日見湖はがんらいもっと大きい池のようでしたが、今は少し小さな池になっていますが風情は変わらないのではないかしら。静かな山里にありました。富士山は近くにある神社から見えるようですのでまた出かけてみたいです。

蓮の花、きれいですね。
先輩、オレンジの色、お似合いですよ。その他の色もお似合いですが、オレンジ、特にきれい!
蓮の花って、やっぱり水の中なんですよね。お花やってる人に聞いたんですが、普通の水きりではだめで、専用の器具で、茎に水を押し込まないと、切り花にしちゃうと、もたないようですね・・・そう簡単に、切られて別のところに行かない、っていうか、勝手に持っていかれてもそこでは咲き続けないというか・・・自分を持ってる花だなーってその時思ったのを思い出しました。

kasiaさま

お変わりはありませんか。先日、見せていただいたお写真良かったよ。あなたが元気で生き生きしていたので嬉しかった。又、帰国される時は知らせてね。お話がいっぱいあるからね・・・。
蓮の花の水きりのお話、なるほどと思ったわ。野草もそう言うタイプの花が多いのでは。その土地にあった花でかってに持っていっても枯れてしまうよね。自分を持ってるって素敵ね。人間もそうかもしれないね。自立心が大切ね。
あなたの好きな色、オレンジですね。私も好きです。赤色の服が多いのですが、鮮やかな色合いだったら何色でもOKかな?!!このオレンジの服はラスベガスで買ったんだけど、アメリカは大陸らしく鮮やかな色合いの服が多いよね。向こうでは私の好きな服が多いので探すのが楽しいよ。

コメントを投稿