フォトアルバム

最近のトラックバック

« 北海道の旅・函館~小樽~札幌(その1)函館 | メイン | 富士山麓をぐるり散策・富士山五合目 »

2016年10月 9日 (日)

北海道の旅(その2)松前~登別~小樽~札幌

_0309

二日目、駒ヶ岳の近くにある大沼温泉を後にし新幹線新函館北斗駅(ほくとえき)へと向かった。今回の旅に新幹線ちょい乗り乗車体験が組まれ、新函館北斗駅 ~木古内 (きこない) 駅の一駅乗車をする。それ以上だと青函トンネルに入り青森へと・・・それでは函館の旅もグッバイ、ハイさようならってことに。10分あまりの乗車だけど、一度乗りたかった北海道新幹線なので、新しい空気と風に吹かれるのも乙なものと思えた。

新函館北斗駅に到着。どんな駅?見どころは?と、好奇心丸出しで駅内をきょろきょろ。なかなか斬新的でいい感じ。ギャラリーには、人気マンガ「北斗の拳」の銅像があったり、駅2階から田をキャンバスに見立て、色の異なる稲を使っての「田んぼアート in HOKUTO」など、ご当地ならではの工夫も見られる。

新幹線が出発・・・はい、次の駅の木古内駅に到着。超スピードの短い旅は終了。古くから函館・松前・江差を行き交う人々にとって交通の要衝だった木古内町だが、ただ今、駅周辺は広々とした発展余地を残しおおらかな空間が随所に。徒歩で道の駅「みそぎの郷 きこない」へ向かい、しばし休憩タイム。

天候はおおむね晴れ。次なる訪問地の松前へ向かう車窓から北島三郎さんの家や、白神岬、北海道最南端にある白神灯台を眺める。が、何せ車中からの風景ゆえ、折戸浜・小浜の海岸の景勝も、瞬間的に遠ざかっていく・・・

松前町に到着。穏やかな雰囲気の城下町って感じ。弁当を持って急坂を登り、現在は資料館となっている松前城へと。1606年(慶長11年)松前家の初代藩主・松前慶広がこの地に築城したのが歴史の始まり。その後、火災や修築などを経て、城主大名になった十七世藩主・松前崇広が福山館を拡大し、5 年の歳月後、松前福山城を築城した。激動の時代に翻弄された松前藩の象徴のような城も、昭和24年6 月、松前町役場から出火した飛び火により焼失。昭和36年、現在の天守閣が再建された。

緑豊かな美しい城内で、アワビ弁当を頂いたあと、武田信広公を祀られてる松前神社へお参り。激しい歴史をいっぱい担いながら存在した城と神社も、今は町の中心を取り巻く力の象徴のよう。

さあ、次なる町は南西部にある江差へ。江戸時代のころから明治初期まで、ニシン漁業、基地、商業港として繁栄していた江差だが、北前船といわれた弁財船は、瀬戸内海を起点に日本海を江差まで西回りの往復航路をしていた。江差から積みこんだニシンは、各地で活発に取引きされ、多くの北前船船主や豪商が住み、街は活気にあふれていた。これらの北前船の往来により、関西文化の流れをくむ江差文化が生まれ、北海道文化発祥の地となる。

町名「江差」はアイヌ語「エサシ」(昆布の意)からでたもの。歴史的町並みのあるレトロな景観を持つ「江差いにしえ街道」沿いには明治、大正、昭和時代初期の特徴的な歴史的建造物が再現され、車道や歩道も石畳。街灯・標識や自動販売機も当時の姿を再現し、歴史的雰囲気を醸しだす。そう、昔にタイムスリップしたかのような町風景である。

1時間あまりの自由時間がスタート。あまり時間にゆとりがないが、まず、歴史的建造物の旧中村家住宅を訪れる。母屋は2階建てで、土台に笏谷石(しゃくだにいし)。建材に総ヒノキを使用した切妻造りの建物は、1971年に国指定重要文化財に指定され、3年後、町へ寄贈された。凝った造りの部屋の一つ一つに当時の繁栄ぶりが見て取れ、なかなか魅力的な住宅であった。

時間もあまりないが、どうしても「成翁山・法華寺」の天井の八方睨みの龍が見たかった。中村家の方に法華寺への道順を教わったが、寺は急坂の上にあり時間がかかりそう。だが躊躇なく私の足は寺へと。急ぎ足で急坂を登り始めたとき助け人が登場した。私たちのそばで車が急停車し、おばちゃんドライバーが「さあ、乗りなさい。私が法華寺の門前まで連れて行くから」と。ええっ!!ほんと!「遠慮はいらないから早く・・・。」はい、ご厚意に甘え乗り込んだ。車だと数分のところでも歩けばかなりの道のり。ありがたかった。おまけに街道へ降りる近道も教えてくださり大助かり。感謝しても感謝しきれない。

法華寺の山門をくぐり本堂へ。八方睨みの龍と言われる天井画と対面をした時、感無量。 思わず畳の上で大の字になり龍を観た。私の瞳に刻みこまれた龍の姿は、厳格で、清らかで、自由で、今にも空に向かって飛んでいきそうだった。八方睨みの龍の迫力は半端じゃなかった。まさに国宝的価値を持つ名画である。

約710年前、日蓮上人の弟子が法華寺を創建したが、寺の総本山は、山梨県にある「身延山」。何度かお参りしていたので、法華寺の龍ともご縁があったのかもしれないが、江差で頂いた深い人情は熱き思い出となった。教えていただいた近道を下ると「姥神大神宮」の横に出たが、民俗文化財指定である「横山家」もそばにあった。うぇぇラッキ!!行きたかった所ばかりだよ~。 

バスは追分流れるロマンの町、江差からに内陸部へと走り「登別」へ向かった。流れる風景の中に、海を挟んで羊蹄山(ようていさん)が見えだした。羊蹄山は北海道南西部にある容姿端麗な成層火山。頂上に周囲約2kmの楕円上の火口があり、富士山に似た姿で蝦夷富士(えぞふじ)とも呼ばれ、夕陽に染まった優しい姿は印象的だった。洞爺湖国立公園を通り抜け、やがて地獄谷から連想される鬼の歓迎を受けながら、登別温泉郷の湯けむりに包まれた・・・。

登別の語源はアイヌ語の「白く濁った川・色の濃い川」を意味し、古くから川の色が変わるほど豊富に温泉が湧き出している。バラエティ豊かな泉質が魅力的で、古くは湯治場として病気、怪我の療養に利用されている。今夜の宿泊は「 登別万世閣」。名湯とうたわれるこの温泉は源泉掛け流し。乳白色のお湯は気持ち良く旅の疲れも和らいだ。

翌朝、 札幌を通過し小樽へ向かう。石炭の積み出し港として栄え、今もクルーズ船が停泊するなど、小樽は、港、鉄道、にしんで栄え、いまも街中のあちこちに当時の栄華の面影がくっきり残っている。又、有名文化人も多く住んでいたと聞く。「チャタレー夫人の恋人」の伊藤整、「蟹工船」の小林多喜ニ。そして石原慎太郎・裕次郎兄弟が7年間小樽で過ごしたとか。宮本信子、精神科医の香山リカ、「石狩挽歌」の作詞家のなかにし礼など、小樽にゆかりががある有名人はたくさんいる。

小樽到着後、まず、浅草橋で団体記念写真を撮影。そして二時間あまりの自由行動がスタート。は~い、それでは寿司店へいこう~。やはり小樽の前浜や近海のネタで握った寿司は最高だった。今回の旅の魅力は新鮮な海の幸にある。ウニ、イクラ、蟹、アワビ、ホタテガイ、甘エビ、二シン、サケ、イカ、マグロ、タコ・・・まあ、ご当地の魚は頂けたようで、海の近くの旅なればこその恩恵だった。

小樽は坂の町。ぼちぼちした足取りながら、まずは定番の小樽運河へ。そして元銀行だった石造りの建物を見上げ、ガラス宝石店へ。数多くの市場、ラーメン、お菓子屋に食べ処、土産店、地元の魚を使ったかまぼこ店もありいろいろ・・・。 細い路地裏のような「出抜小路」を通りかかると、案内版に添えられた歌文句に目が集中。「小樽運河に、夢を見て、汗と涙がしみた路地、人のぬくもり心に沁みる。のめや歌えや肩組み合わせ、出抜小路は夢小路。銘店集い、味の路。」そう、小樽も人情の街だった。

バスは小樽から札幌へ入り、札幌市時計台の前で、カン、カン、カンと三時の鐘の音を耳にした。その響きは短くも楽しかった旅の終わりを意識させ、沈黙させる時の音だった。街中を通り北海道庁旧本庁舎へ。「赤れんが庁舎」の愛称で知られる煉瓦づくりの建物は、明治21 年に建てられ、新庁舎ができるまで約80 年間、道政を担ってきた。明治時代に作られたひずみのあるガラスや、寒さ対策の二重扉など、そこかしこに当時の面影が残っており、堂々としながらも優雅で美しい建物だった。

大通公園へまわると、テレビ塔を中心に食の祭典が開催中。農畜産物、加工品、ワイン・日本酒などにラーメンなど北海道の味覚が大集合していた。晴天の午後、微笑む人々の顔は明るかった。
やがて、一日がおもむろにくれてゆき、新千歳空港から羽田空港へと、大自然から大都会へと飛行機は飛び立った・・・。

         燃える海

          海よ、燃える海よ!
          私のそばでいてほしい
          胸の炎が海底を赤く染め
          揺れながら
          熱い息を吸い込みながら
          一緒に燃えてほしい

          たとえ波のはざ間を漂うとも
          私は目を閉じない
          生きる証を、今、海に求め
          涙もろくなった影に、
          水平線の赤い陽を重ねたい

          ああ、海よ、燃える海よ!
          私のそばでいてほしい

160929__132_s

160929__653_s

大沼温泉ホテル前で

160929__655_s

160929__677_s

新幹線・新函館北斗駅

160929__673_s

田んぼアート in HOKUTO」

160929__679_s

160929__147_s

160929__156_s

道の駅・木古内

160929__694_s
北島三郎さんの生家?

160929__698_s

白神灯台

160929__162_s

青函トンネルの入口

160929__177_s

松前城

160929__711_s

松前神社

160929__183_s

160929__185_s

160929__172_s

160929__706_s

160929__708_s

160929__213_s
江差の町

160929__732_s
江差・旧中村家住宅

160929__734_s

160929__193_s

160929__735_s

160929__740_s

160929__747_s

160929__754_s

160929__736_s

160929__746_s

160929__211_s
旧横山家住宅

160929__757_s
親切な江差のおばちゃん

160929__199_s
成翁山・法華寺

160929__198_s_2


成翁山・法華寺

160929__760_s

160929__767_s

姥神大神宮

160929__769_s

160929__779_s

北前船

160929__776_s_2

160929__780_s

江差の港

160929__782_s

羊蹄山(ようていさん)

160929__791_s

160929__813_s

160929__797_s

160929__804_s

160929__812_s

160930__220_s

登別温泉郷の鬼

160930__822_s

160929__815_s

160930__227_s

小樽の運河

160930__839_s

160930__844_s

160930__850_s

旧百十三銀行・小樽支店

160930__857_s

160930__871_s

160930__873_s


出抜小路

160930__882_s

160930__854_s

160930__922_s
札幌の街

160930__269_s

札幌・時計台

160930__918_s

北海道庁旧本庁舎

160930__282_s

160930__915_s

160930__908_s

160930__919_s

160930__921_s

160930__928_s

160930__891_s

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351957/33961223

北海道の旅(その2)松前~登別~小樽~札幌を参照しているブログ:

コメント

おはようございます!
北海道の旅を満喫されたようで、住んでいる者にとってはとてもうれしいです!
そして成翁山・法華寺に行くために送ってくれる優しい心遣いにニコッと微笑みました。
八方睨みの龍と言われる天井画に感激した様子が瞼に浮かびます。一度見てみたいです!
新幹線にも乗ったんですね~そしてあわび弁当・・美味しそう!
道庁の内部の写真を見て、この階段を上がったところで会議をしたことを思い出していました。
登別の湯は大好きな泉質です!親睦会の旅行は登別が多かったです。
お天気に望まれうれしいです!
北海道の旅をありがとうございました!

ゼンタロウさま

早速に北海道の旅にお越しくださってありがとうございます。
はい、毎回、北海道の旅には満悦させていただいております。今年も天気にも恵まれラッキーでした。
江差の女性の方の人情に心底感謝いたしました。江差の土産袋は人情袋でいっぱいになりました。八方睨みの龍の画を一度機会がございましたらご覧くださいね。
アワビ弁当を初めて頂きました。ご当地の新鮮なお味でした。
登別温泉は、北海道の温泉の中でもひときわ人気があるようですね。まったりまったりさせていただきました。
毎回ご覧くださってとてもうれしかったです。

能率よくいろいろの場所を見学・体験されましたね。北海道新幹線に乗り、松前城や江差の町も詳しく見学されていらっしゃいます。「江差の五月は江戸にもない」といわれた時代の様子が偲ばれます。タイミングよく親切な人に出あえて、八方にらみの竜とか北前船もごらんになったのですね。江差町のホームページによると幕末の軍艦・開陽丸が復元されているそうですね。羊蹄山、夕日の鮮やかでしたか。札幌の時計台の写真も素敵に撮られていらっしゃいますね。

ヒロシさま

早速に(その2)にお越しくださって都ても嬉しいです。
はい、ツアーだと効率よく観光地が回れるように組まれていますね。自由時間もその都度ありましたのでよかったですが、江差での助け人さんのおかげで龍にも対面できました。今回の旅で一番の嬉しいハプニングでした。
「江差の五月は江戸にもない」と言われるほどの繁栄ぶりだったんですね。開陽丸記念館では復元された船や遺物も展示されてるようですが、今回は北前船の縮小展示を見たのみです。
羊蹄山に登山されましたか。綺麗な高山植物が咲くそうですね.

すーさん、こんにちは!

ホテル前のハンモックがいいですね。
旅は鋭気を養いより元気になりますね。
私もすーさんの北海道の旅から元気を頂きました~。
次はどんな旅かしら?楽しみにしています。

ねねさま

こんにちは。早速にご覧くださってとてもうれしいです。
北海道の旅も終りを告げましたが、人情を頂いたご縁は忘れることなく私もつなげていきたく思っています。
旅は元気にしてくれますね。今しばらくは日々の暮らしの中で小さな旅を続けていきたいです。

こんばんは! 「親切な江差のおばちゃん」 旅先で本当に嬉しいことでしたねhappy01
羊蹄山、とても素敵ですね~ 「夕陽に染まった優しい姿は印象的だった。」 蝦夷富士と云われる由縁でとても綺麗ですね~。
札幌・時計台も懐かしく思い出しております。写真を見ると私の行ったのは自由時間で朝の8時半頃の様です。有難うございましたhappy01

osamuさま

早速ご覧くださいまして本当にありがとうございます。
はい、八方にらみの龍を観たい信念がおばちゃんとのご縁につながったようです。おばちゃんのおかげです。本当に嬉しいことでした。羊蹄山を眺めた時、富士山を思い出し懐かしかったです。やはり印象的な美しい山でした。
札幌時計台に8時半ごろにいかれたのですね。札幌には行く機会hはこれからもあると思いますので、また違う時間帯で眺めたいです(@。@)

写真、きれいに撮れてるね!!2回で終わりなの?
何か、美味しいものとか、きれいなガラス製品とか、
おみやげ買いましたか?
東京の気候はいかが?寒くなってきたようですね。

マーちゃん

こんにちは。お写真を見てくださってありがとう。
そう、二回で旅紀行は終了です。
今回の土産は江差の女性から頂いた人情袋です。
胸がいっぱいになりましたから、土産はこれでいいです。
急に秋が深まってきたようです。代々木公園の樹々の紅葉
も始まりました。綺麗な季節の到来ですね。

北海道の旅を満喫されたようですね。
あちらこちらと観られ...
元気なお顔がうれしそうです。
ハレルヤ!

ちごゆりさま

ご覧くださってありごとうございました。
はい、天候に恵まれ土地の方の人情も頂けた素敵な旅でした。
あちこち観てきましたが、自由時間も適当にありましたので思い出もたくさん残りました。おかげでハレルヤ!です(@。@)
長文、たくさんの写真にお付き合いくださって感謝しております。

ちごゆりの部屋に訪問有難うございました。
きょうもあり難く見せていただき・・・すえさまに逢いに来ましたよ・・・お邪魔しました。

ちごゆりさま

おはようございます。
紅葉も始まり幾分寒くなってきましたね。
また、ちごゆりさんの野草を見せて頂きに参ります。
再度のお越し、ありがとうございました。

二日目、三日目はとりわけお天気に恵まれましたね🌞
松前城跡は見晴らしの良い高台にあり、水平線が良く見えました。江差の旧中村家は時代劇のセットみたいで、昔の家のつくりは興味深かったです。(実際、撮影なども行われると聞きました)
海側の戸口から山側の戸口へ、途中の台所を経由して強い風が吹き抜けていたのを覚えています。冷蔵庫が無い昔は、家を建てる時に風の通り道がポイントだったのかな-と思いました。
この2か所は、ツアーでないとなかなか訪れる機会もなさそうなので良かったですね。
打って変わって小樽は観光客、修学旅行生だらけでしたが、古い石造りの街並みはなるほど趣がありました。
温泉も良かったし、美味しいものも食べたし、やっぱり北海道は良いですね!
今回は秋鮭の季節だったのはラッキーでした☆
今度は違う季節に訪れてみたいと思います。

ポテトチップスさま

ご覧いただき嬉しいです。コメントも実感があり共有してみた風景に思い出が重なりました。お若い方の言葉をありがたく受け止めています。
釧路の天気は曇り空でしたが、二日目以後は晴天に恵まれラッキーでしたよね。
松前城跡や江差の中村家の訪問は印象的でしたね.
のんびりと見学でき嬉しかったです。日本海の波の音が今でも聞こえてきそうです。懐かしい海風景でした。あなたはお母様との旅でしたが、見どころをしっかり把握されていましたね。感心いたしました。その合間に ポテトチップス(@、@)良い雰囲気でした。
あなたの感想文を読ませていただき、新たに旅の醍醐味を味わっています。ありがとう!ありがとうがざいました!!

北海道新幹線、早速乗られたんですね。ほんとに走ってる(っていうと失礼なんですが)って実感わいてきました。
「えさし」は昆布、「のぼりべつ」は白く濁った川、北海道は、アイヌの国なんですよね。アイヌ語を話す方はまだいらっしゃるのでしょうか? いらしても、少ないでしょうね。でも、絶えてしまわなければいいなと思います。羊蹄山の写真、気温や湿度まで、伝わってくる感じです。日本ですね。
先輩、お元気そうで、何よりです。

すえさまの ご旅行は、もうほとんどの所に、お出かけですよね。
それに何でもよくご存じなので、解説も素晴らしいですね。
有難うございます。
きょうも覗いて下さいませね 応援よろしく。

kasiaさま

御無沙汰を致しておりますが、お変わりなくお元気ですか。
はい、北海道の新幹線に一度乗りたかったので、短距離でしたが満足いたしました。アイヌ語の保存も行き届き顕在してるのではないかしら?現在、北海道島や本州島北東地域やロシア極東地域等に居住するアイヌ民族の言語で、アイヌ人の地域も多そうね。
羊蹄山を眺めた時、あれれ、富士山だ~と感嘆しました。
夕陽に輝く姿は綺麗でしたよ。今回の旅も楽しかったのでよかったです。帰国の折は連絡くださいね。

ちごゆりさま

こんにちは。いつもご覧くださってありがとうございます。
数年前までの私の旅はほとんどは海外でした。国内では富士山麓にいることが多く、他府県にはあまり出かけていませんでした。これから国内のあちこちに出かけられたらいいなぁ~と思っています。まあ、ぼちぼちですけど(@。@)
はい、ちごゆりさんの草花を見せていただくのも楽しいブログの旅です。これからもよろしくお願いいたします。

コメントを投稿